電気工事会社における生産性向上の進め方

電気工事会社向け協力会社検索ポータル
「電工広場」をリリースしました

"共感で繋がる協力の輪を作る"をテーマにした、電気工事会社の協力会社検索ポータル「電工広場」をリリースしました!

電工広場は仕事に対する考え方を軸としながら協力会社を探すことを目的としています。
迅速な仕事を求める会社、丁寧な人付き合いを求める会社等、電気工事会社ごとに色々な考え方があると思いますが、お互いの考え方に共感しながら協力体制を作っていくことがとても大切だと考えています。

「電気工事業界をより良い業界にしていきたい」という想いで制作した、完全無料のポータルサイトですので、電気工事会社の方は是非ご登録ください!

目次

  • まずは一連の業務の流れを洗い出す
  • 業務の詳細を確認する
  • それぞれの生産性向上施策を考える
  • まとめ

人材不足業界の代表格である電気工事業界。
今月発表された2021年8月の電気に関わる有効求人倍率は3.38倍でした。
この人材不足を脱するためにも、電気工事業界が不人気業界となる理由を一つずつ消していく必要があります。
当記事では、その不人気理由の一つである長時間労働の是正に向けた生産性向上施策の進め方について触れていきたいと思います。

まずは一連の業務の流れを洗い出す

まず一番最初に重要なのが、一連の業務の流れを洗い出すことです。
これはマークテックのお客様先で一連の流れを出した時のイメージになります。
--
①案件発生
②打合せ
③概案提案
④現地調査
⑤積算
⑥本提案
⑦発注
⑧キックオフミーティング
⑨詳細設計
⑩施工
⑪各種資料作成
⑫竣工検査
⑬引渡し
⑭請求
⑮アフターフォロー
--
お客様やサポート内容にも拠りますが、多くの工事会社さんがこのような流れを踏んでいくのではないかと思います。
そして、工程が一通り洗い出せたら、次は「案件発生は営業部」、「現地調査は工事部」、「キックオフミーティングは営業部・工事部両方」というように、それぞれの工程を誰が担当するのかを明確にしていきます

このように、まずは全体の流れをとらえながら、今の業務内容を認識するところから始まります。

業務の詳細を確認する

全体の流れが分かったら、次は各項目の業務詳細を洗い出していきます。
例えば、④現地調査であれば、「案件をシステムに登録する」や「各種必要事項の確認する」、「関係者に連絡をする」等が挙がります。
各工程の中で、また業務の流れを構築していくようなイメージです。

全体→各工程と二段階に分けて業務を洗い出すことで、重複や不足を極力少なくしながら業務の洗い出しを進めることができます。

それぞれの生産性向上施策を考える

全体の流れと各項目の詳細が分かったら、最後に生産性向上施策を考えていきます
そして、特に時間がかかるところ等に目星をつけて、効果が出やすそうなところから施策を進めていきます。

最初はお金を使わなくてもできる現場改善のフレームワーク、ECRS(E:排除、C:結合、R:入替、S:簡素化)を使い、業務の効率化を考えます。
例えば「この業務っている?」「この業務は他と一緒にできるんじゃない?」「この業務よりもこっちを先にやった方が効率良さそう」「そもそもこの業務自体をもっと簡素化できそう」というように考えていきます。

その上で、有料となるツールやシステムの活用も検討しながら、業務の効率化を図っていきます
年々ツールやシステムは新しいものが出ていますので、これまで時間がかかって当たり前だったものももう一度見直してみると時短ができることがあります。
一度見直した仕事内容も毎年のように見直していくことが大切です。

まとめ

以上、いかがでしたでしょうか?
電気工事会社において生産性向上を進めていくときは上記の動きが基本となります。

これらの内容はマークテックが主催している電気工事会社の生産性向上セミナーでも事例を交えて説明していますので、ご興味ある方は是非ご参加ください。

なお、マークテックでは、2か月周期で電気工事会社の方向けの様々なテーマのセミナー(売上向上、組織力向上、生産性向上、DX推進)を開催しています。ご興味ある方は是非下のご案内からセミナーにもご参加ください。
無料のオンラインセミナーですので、お気軽にご参加頂けます。

お気軽にお問合せ・ご相談ください

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら
070-3828-7040

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せ・相談予約

070-3828-7040

フォームでのお問合せ・相談予約は24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

新着情報・お知らせ

2022/07/23
電気工事・通信工事会社向け「売上向上セミナー」のご案内をアップしました。
2022/02/09
電気工事経営コラム・動画「電気工事業界の人材市場について」をアップしました。
2022/01/14
電気工事経営コラム・動画「電気工事・通信工事業界の利益率と改善のための第一歩」をアップしました。

マークテック

住所

〒366-0034 埼玉県深谷市常盤町73−1